キャリア・デザイン

本校では、生徒を確かな未来へ導くために、生徒の個性を理解し、進路実現・目標達成に向けて可能性を伸ばしていきます。

「卒業後はなりたい私へ」を実現するため、3年間を通して、万全の進路指導体制を整えています。

本校では、毎週1時間の総合学習やホームルーム活動を核に、1年次から計画的なキャリア・デザイン教育を行っています。また、3年間の多彩な進路指導行事を通じて、女性としての生き方や職業を考え、高校卒業後の進路を選択・決定していくことを目的としています。下図のように学年毎にテーマを設け、自立した女性となるための基礎を身につけさせる。それが、本校のキャリア・デザイン教育です。

Ladyとして「未来へ」歩み出すキャリア・デザイン教育

1.きめ細かい進路指導

1年次から3年次を通し、進路面談(年2回)・保護者面談(年1回)を、3年次は夏期休業中にも面談を行い、生徒一人ひとりの希望や適性に応じた指導を展開しています。
また、校内模試(ベネッセ基礎力診断テスト)を年3回実施し、面談時の学習指導にも使用しています。
さらに3年次には、夏休み前からAO入試や推薦入試で大学や専門学校を受験する生徒一人ひとりのために、エントリーシートの書き方や面接指導を合格まで個別に指導しています。

2.学力向上を目標にした学習支援

放課後に主要教科の講習を無料で行っています。
学び直しの講座を始め、基礎・発展・入試対策など多数の講座を設けています。
また、夏・冬の長期休暇中には、主要教科以外にも英検対策講座、福祉、ピアノ実習、保育ボランティア実習などの講習も開講しています。
さらに、夏季休業中には希望者に2泊3日で「学力強化合宿」を実施しています。

3.総合学習の時間に多彩な進路行事

「進路別ガイダンス」、「分野別説明会」、「講演会」「卒業生に学ぶ」、「面接講座」、「小論文講座」など、 女性としての生き方や職業を考え、高校卒業後の進路を選択・決定していくヒントになる行事を行っています。

4.4年制大学70校以上の指定校推薦

希望者の多い、幼児教育系、看護医療系、スポーツ系、福祉系を中心に、4年制大学は70校以上の 指定校推薦枠があります。毎年、多くの生徒が推薦入試で進学をしています。

ページの先頭へ